実印はどんな印鑑?


いろいろな印鑑の中でも、特に大切な印鑑が実印。学生時代にはあまり縁がない印鑑ですが、社会人になると、必ず必要になるときが来ます。特に、「車を買う」「家を買う」「遺産を相続する」など、人生で大きなお金が動く際など、契約や取引の場面で大切な役割を果たします。「法人の発起人になる」など、人生の転機にも、実印の押印を求められます。

印鑑ケース実印は、認印や銀行印のように、作っただけでは実印になりません。大きさや彫刻された内容が実印のように見えても、市区町村に「印鑑登録」として登録を行わなければ「実印」にはならないのです。実印を捺印する際、印鑑証明書の提出を求められるのはそのためです。実印を押した書類には、法律上、社会上の権利や義務が発生します。捺印の際にも十分に配慮が必要です

「個人の意志」「本人」を証明する目的がある実印は、家族と共同で使うことはできません。唯一性を守る、という意味で、銀行印や認印とも併用しない、自分だけの印鑑になります。そのため、高校卒業や就職時、結婚した時などに、一生物の印鑑として実印を作る人が多いようです。一般的には、まちの印鑑屋さんなどに作成を依頼されるようですが、大事な印鑑だからといって、通常あまり使わない実印用に高価な印鑑を購入するのも考えものです。

そんなとき、検討したいのが印鑑通販サイトでの実印作成です。
このサイトでは、実印選びのポイントは印鑑通販サイト選びのポイントなどをご紹介します。