印鑑通販で実印を作る


印鑑の中でも重要な実印ですが、いざ、作るとなるとかなり高価な印鑑。それでも、最近では、インターネットでの印鑑通販を利用することで、割安に作成できるようになってきました。キャンペーンを行っているショップもあり、通常の価格より安く買うこともできます。銀行印とのセット販売で、お得に購入できることもあります。また、即日配送や印鑑登録できなかった場合の保証をつけているショップも多く、安心して依頼できます。印鑑素材の種類も多く、20種類以上の中から選べるショップもあります

印印鑑通販で気をつけたいのは、手彫りや手仕上げで作成されているか、ということ。印鑑作成方法には、文字作成から仕上げまで手作業で行う「手彫り」、最初の荒彫りを機械で行い、手作業で仕上げを行う「手仕上げ」の他に、全工程を機械で彫る「機械彫り」があります。機械彫りは大量生産できるため、安価で早くできるのですが、オリジナル性が重要な実印には向きません。手仕上げであれば、コストと工程を縮小しながら、オリジナル性を保持した実印ができます。各ショップでは、どのように印鑑を作成しているか、説明されているページがありますので、必ず確認しておきましょう。

人生の大切なシーンに登場する実印だからこそ、長く使える自分だけの一本を揃えたいもの。コストパフォーマンスが高く、品質や安全性も備えた実印を、印鑑通販も活用しながら、作ってみましょう。

推奨サイト<http://e-hankoya.com/
└手仕上げを行っている印鑑の通販サイトです。

実印にできる印鑑


印鑑と朱肉実印のサイズは、一般的には8ミリから25ミリ。100円ショップで販売されている印鑑のサイズも含まれます。女性は小さめの13.5ミリ、男性は少し大きめの18ミリで作成することが多いようです。一生使っていく印鑑なので、耐久性に優れた素材が使われます。欠けてしまった実印は、その効力を失ってしまいます。一度実印が欠けてしまったら、新しい印鑑を作成し、登録し直さなければなりません。改刻と呼ばれる彫り直しをしてくれる印鑑屋さんもありますが、それでも、改印届を出す決まりになっています。人気があるのは、柘植、水牛、チタンなどです。彫刻する名前は、住民票に登録されている本名であれば、姓名、性のみ、名のみのいずれでもかまいません。女性であれば、結婚後も使えるよう、名前のみで作成する人も少なくありません。偽造を防ぐのに役立つ、印相体てん書体など、複雑な見栄えの書体を選びましょう。

実印にできる印鑑のサイズや材質、彫刻する文字については、市区町村によって規定が少しずつ異なります。細かい規定については、ほとんどの市区町村が公式サイトに記載しています。事前に、自分の住んでいる市区町村のサイトで確認しておくと安心です。

価格は素材や書体によって異なります。最も高価なのは象牙。1本20,000円程度~が相場になります。デザイン性の高さで人気のチタンは15,000円~、実印で一番人気の黒水牛は6,000円~、コストパフォーマンスがいい柘植は5,000円~、です。各印鑑屋さんでは、素材の特徴を説明してくます。メリットデメリットを確認して選ぶとよいでしょう。

実印はどんな印鑑?


いろいろな印鑑の中でも、特に大切な印鑑が実印。学生時代にはあまり縁がない印鑑ですが、社会人になると、必ず必要になるときが来ます。特に、「車を買う」「家を買う」「遺産を相続する」など、人生で大きなお金が動く際など、契約や取引の場面で大切な役割を果たします。「法人の発起人になる」など、人生の転機にも、実印の押印を求められます。

印鑑ケース実印は、認印や銀行印のように、作っただけでは実印になりません。大きさや彫刻された内容が実印のように見えても、市区町村に「印鑑登録」として登録を行わなければ「実印」にはならないのです。実印を捺印する際、印鑑証明書の提出を求められるのはそのためです。実印を押した書類には、法律上、社会上の権利や義務が発生します。捺印の際にも十分に配慮が必要です

「個人の意志」「本人」を証明する目的がある実印は、家族と共同で使うことはできません。唯一性を守る、という意味で、銀行印や認印とも併用しない、自分だけの印鑑になります。そのため、高校卒業や就職時、結婚した時などに、一生物の印鑑として実印を作る人が多いようです。一般的には、まちの印鑑屋さんなどに作成を依頼されるようですが、大事な印鑑だからといって、通常あまり使わない実印用に高価な印鑑を購入するのも考えものです。

そんなとき、検討したいのが印鑑通販サイトでの実印作成です。
このサイトでは、実印選びのポイントは印鑑通販サイト選びのポイントなどをご紹介します。